• English
    • Deutsch
    • Español
    • Français
    • Italiano
    • Português
    • 中文 (中国)
    • 日本語
    • 한국어
"Most GD&T training only helps engineers learn the interpretation of (the GD&T) language. Enventive has become a tool at our company that has helped engineers become fluent in applying GD&T to their designs. " - Eric Pattok, Nexteer Automotive

公差解析用のEnventiveソフトウエア – 公差計算

Enventiveソフトウエアは、解析をより効果的で効率的なデザインサイクルの礎とすることで、機械工学設計の公差解析を次のレベルに引き上げます。

公差解析を製品開発の遅い段階に実行される孤立したタスクに追いやるのではなく、Enventiveは機械工学設計において、公差解析と概念設計性能モデリングツール、および設計最適化をシームレスに統合する全体的アプローチを取ります。

Enventiveの公差解析は、力の公差解析や平均化によって計算される値の公差解析など、競合製品でかかる時間と比べ、わずかな時間で実行できます。

多くの解析ツールは専門技術者を対象としており、何週間にもおよぶトレーニングや上達するまでに数か月――または数年――の使用を要しますが、Enventiveソフトウエアはすばやく学べ、簡単に使用できます。Enventiveは、公差解析スタックアップをはるかに直感的に行い、ユーザーが本当に機能的な次元スキーマを特定するのに役立ちます。

お客様からの感謝状

「Enventiveの話になると、いつも使うのがどれくらい面白いか話してしまいます。部品のスケッチとグラフィック表示したものがモデルを動かします。これと、使いやすいインターフェースが一緒になって、分析好きな「スタックアップ中毒者」を生み出します。このソフトウエアには、製品に影響を与える設計変更を簡単に視覚化する効果があるからです」――Nexteer Automotive、Eric Pattok氏

Enventiveの公差解析

グラフィックベースの公差解析レポート

Enventiveは、公差解析レポートをEnventiveモデルに双方的に連携している統合Microsoft® Excel®スプレッドシートに作成し、デザイナー、システムエンジニア、技術エンジニア、製造エンジニアおよび技術管理者に、見慣れた形式で結果を提供します。

Enventiveソフトウエアの公差解析レポート

(クリックして拡大)

レポートから直接要因を作業する

レポートで選択された要因はEnventiveモデルでハイライトされ、要因が変化した場合の影響を動的に表示できます。額面価格および公差の最適化はレポートから直接操作でき、モデルと解析結果はただちに更新されます。

公差解析要因

(クリックして拡大)

複数のパラメータを解析および最適化する

Enventiveソフトウエアは、複数のパラメータを解析し、解析された全てのパラメータに影響を与える要因に基づいて総合的な結果を報告します。最適化は、最適な値と変化を達成するために解析されたパラメータに対して実行できます。

公差解析と複数のパラメータの最適化

(クリックして拡大)

 

*Crystal BallはOracleが所有しており、市場で有数のモンテカルロシミュレーションソフトウエアです。